難聴の悩みに強い味方|耳鳴りに悩む方へ|的確に症状を伝えるのが吉
医者

耳鳴りに悩む方へ|的確に症状を伝えるのが吉

難聴の悩みに強い味方

男性

聞き取りづらいと感じたら

耳が聞こえづらいと日常生活でも不便に感じることが増えます。テレビの音が大きい、会話の時の声が大きい、などと家族に言われたら一度耳鼻科へ行って自分の今の聞こえを確認しましょう。難聴だと診断されたら一度補聴器を検討してみてはどうでしょう。選び方のコツは、決して自己判断で「聞こえにくい」との認識だけでお店に行かず、まずは耳鼻科で自分の聞こえの状態を知り、それに合った補聴器をお店の方と相談しながら探すことです。難聴といっても人によって程度が様々ですから、自分の程度に合ったものをきちんと選ばないと購入してから「失敗した」なんてことになりかねません。耳のことは耳の専門家へ、機器のことは機器の専門家へ、というわけです。

自分の聞こえを知ろう

補聴器にもいろいろなものがあります。どのような選び方をすればよいのでしょうか。まず種類ですが耳穴タイプ・耳かけタイプ・ポケット型などがあります。また、骨伝導スピーカーを内蔵したメガネタイプなんていうのもあります。それぞれに特徴がありますが、現在主流なのは耳穴タイプと耳かけタイプです。耳穴タイプはその名の通り耳の穴に埋め込んで使用するので最も目立ちにくいタイプです。集音部が外に出ないので比較的自然な聞こえ方になりますが、小さいのでお年寄りなどには使いにくいこともあります。耳かけタイプは耳にかけてスピーカー部を耳の穴に入れて使用します。取り扱いがしやすいのと、電池の寿命が長いなどの特徴があります。汗に弱いなどの声もありますが、最近はそれに対応した製品も出ているようです。また、それぞれにパワーの違いなどもあり、軽度の難聴なのに強いパワーのものを選ぶなど選び方を間違うとせっかくの補聴器でも違和感が生じます。きちんと相談しながら自分に合った選び方をしたいですね。